*

行動対行動

平岩教授「北朝鮮の側からすれば、再調査を行ったにも関わらず、日本がなんら対応しないということでは困るわけですから、
自分達がなにかひとつ行動を起こしたら、それに対して日本も行動して、お互い信頼感というものを確認しあいながら、まさに半歩ずつ進むということですね。
そういうことを考えれば、今回の内容についていえば、もちろんですね、北朝鮮側にとってみればプラスの意味はあるわけですけれども、
すぐさま北朝鮮が潤うという内容でもありませんし、むしろ多少象徴的な、日本の北朝鮮に対する交渉に臨むにあたって、
象徴的な部分ということでしょうから、これ以外の部分については、今後の調査の結果次第かと」

例えばこの船舶の入港禁止を解除するといっても、ここには万景峰(マンギョンボン)号は入っていないというのが、今恐らく先生がおっしゃった...。

平岩教授「ご指摘のとおりですね。
北朝鮮側からすれば、万景峰号というのは日朝間のある種象徴的な存在ですから、できるだけ早くという希望があるでしょうけど、
日本側からすれば、そういうものが、仮に求めているのであれば、日本側が求める調査結果を出せ、と」幡ヶ谷の整体



コメントする